読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやき

がんばるぞ

スーパーミメル

お題

特別お題「おもいでのケータイ」

小学校高学年くらいになると、ケータイを持つ子がポツポツと出てきて、ケータイを持っている子が「イケてる」風潮だった。(今思えば、地方のど田舎でケータイを持っていても圧倒的に使わない)

高校まで「ケータイ禁止」の家に育った私にとっての「はじめてのケータイ」は、紛れもなく「スーパーミメル」だった。通話機能なんてない、玩具のケータイ。


【CM】スーパーミメル【2000年】


【CM】ミメル【1998年】

専用のカードを本体に差し込んでメッセージのやりとりなどができるという、「なんなら手紙書けば?」というような玩具だったけど、ケータイを持ちたかった私からすれば、「ケータイっぽい形状をしているモノ」を持っているだけで、悦に浸れた。小学校の遊具がある場所で、低学年の子たちを前に、さも「ケータイ持ってます」的なフリしてた……電話できないのに「もしもし?」とかスーパーミメルに向かってしてた……あぁ……死にたい……。

所有していた「スーパーミメル」は、初代「ミメル」の上位版なのですが、今振り返ると「スーパー」っていうネーミングセンス、格好いいし、ICカードでいろいろ読み込んでくれるとか、結構すごくないっすか。スペックはアスキーの記事にちょっとだけ掲載されていたので、当時子どもだった人なら懐かしさに咽び泣くはず。私は泣いた。今度実家帰ったら、探して使ってみようと思う。

「スーパーミメル」を使っていた期間は短く、中学入学くらいには自然と使わなくなっていたが、「ケータイとはこんなものなのか」という感覚を私に与えてしまっていた。

高校生になり、初めてほんもののケータイ(W32H)を手にしたとき、最初に思ったことは、「カード差さなくていい! やっぱちげーな!」という、ミメル シリーズを使っていたからこそ味わう感覚だった。

あれこれ調べてみたら、ミメルはその後二つ折りになったり、写真撮影ができるようになったりと、どんどん進化していったよう(今は生産終了っぽい)。「ミメル」シリーズを持っていた人、どのくらいいるんだろう?

sponsored by KDDI

今週のお題「カラオケの十八番」

すごく歌が下手でございます。父は声楽専攻の音楽教師だったのに。高い声が出せない。苦しくなる。なまじ音楽系(弾く系と理論系の2種)の習い事をしていたこともあってか(?)、耳がそこそこ鍛えられており自分が歌っていて音を外しているのがガッツリわかってしまうので、人前で歌うのは基本嫌いです。歌が上手だったら、人生もう数%くらい楽しかった気がする。

歌が下手な人は下手な人なりにいろいろ分析するものでして、「これだったらギリ人前で歌えそうだな」というのを探るわけですよ。

私は

  • (男性アーティスト)バンド+音階があまり変化しないもの
  • (女性アーティスト)基本音程を「-2〜-4」下げる

という処置をすることで、どうにか歌えるようになるというパターンが多い。んで、絶対にバラードと歌姫系(語弊ある言い方)は歌わない。絢香の『三日月』は歌に対する自己肯定がある程度強くないと歌えないと思っているし、ドリカムの『何度でも』は幼馴染が歌っているのを聞いて「私、絶対に歌っちゃいけない奴やん」と察しました。でも、カラオケに嫌悪感があるではなく、特定の人(主に姉)とはたまに行ったりします。姉は私と同じくらい下手なので、「あぁ、私下手だなぁ……」という劣等感を抱くこともないというのがいいのかもしれない。でもこの「相手も下手だから」という理由はあんまりよくないですよね。本当なら、歌唱スキルがバラバラな子が集まっても大丈夫だよ的なテンションに持っていきたい、し、世の中の人はそこまで他人に対して歌唱力云々とかどうでもいいと思っている気がする。でも、割り切るのは歌下手側からするとどうしてなかなか難しいんですよね。泣きたくなるのは「歌下手だよ〜」と言っておきながら普通に上手い人。どうしてそんなこと言うん……?

そんな感じで、状況別に2曲ずつ選ぶと

点数出したいとき 『君という花』(ASIAN KUNG-FU GENERATION 『Raspberry』(TRICERATOPS
メジャーどころにしたほうがよさそうなとき 『invitation』(柴崎コウ 『Oh Yeah!』(嵐)
アニメ界隈のとき innocent starter』(水樹奈々 『ギャラクシー☆ばばんがBang!』(エンジェル隊
アイドル歌える空気のとき 『好きな先輩』(モーニング娘。 『そして寝る間もなくソリチュード(SNS)』(Tomato n' Pine)
女性Voな気分のとき 『カクテル』(Hysteric Blue 『樹海の糸』(Cocco
男性Voな気分のとき 『SUN』(GRAPEVINE 『生きているよりマシさ』(syrup16g
アイドルネッサンス 『空にまいあがれ』(真心ブラザーズ 『Lucky』(スーパーカー

思ったより数あった。でもこれ、決して十八番ではないのよね……(´・ω・`)

お題

今週のお題「卒業」


彼女とは同い年というくらいしか共通点がない。彼女は勤続10年(の、ようなもの)。同じときを、私は普通に高校へ進学して、卒業して、大学生になって、卒業して、就職して、退職して、転職している。

中田ちさと の人生が、これからもっと輝かしいものとなりますように。


* * *


駆け込みお題投稿になってしもたが、中田ちさとについてはそのうち思ひ出をぶつけたい気持ち。

お題

今週のお題「何して遊んだ?」

唯一思い出すことのできた遊びらしい遊びは、小学校のころ、砂場で黙々と穴を1メートルくらい掘って、そこを避難所と題して家に帰らなかったことという事実に今若干動揺しています。

実家にいたころの記憶がもう殆どない。「何して遊んだ?」という問いは極めて残酷的でしかないような気もしていて、「(誰と)何して遊んだ?」と聞かれているような、なんかそんな感じです。対人の遊びじゃなくてもいいよ、自分しかやっていなかったようなことでもいいよ、という広げ方をしようと頑張ってみたのですが、残念なことにひとり遊びをした記憶もほぼなく、じゃぁこの数十年何やってたんだお前はとセルフツッコミを試みたところ本当に何もせず生きてきたんだなぁと少し悲しくなりました。地元にいたときから現在に至るまで趣味は持っていますがこれはあくまで趣味であって、遊んでいる(た)わけではないと思うんだよな……あ〜〜〜オランダ行きて〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜