読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやき

がんばるぞ

今週のお題「カラオケの十八番」

すごく歌が下手でございます。父は声楽専攻の音楽教師だったのに。高い声が出せない。苦しくなる。なまじ音楽系(弾く系と理論系の2種)の習い事をしていたこともあってか(?)、耳がそこそこ鍛えられており自分が歌っていて音を外しているのがガッツリわかってしまうので、人前で歌うのは基本嫌いです。歌が上手だったら、人生もう数%くらい楽しかった気がする。

歌が下手な人は下手な人なりにいろいろ分析するものでして、「これだったらギリ人前で歌えそうだな」というのを探るわけですよ。

私は

  • (男性アーティスト)バンド+音階があまり変化しないもの
  • (女性アーティスト)基本音程を「-2〜-4」下げる

という処置をすることで、どうにか歌えるようになるというパターンが多い。んで、絶対にバラードと歌姫系(語弊ある言い方)は歌わない。絢香の『三日月』は歌に対する自己肯定がある程度強くないと歌えないと思っているし、ドリカムの『何度でも』は幼馴染が歌っているのを聞いて「私、絶対に歌っちゃいけない奴やん」と察しました。でも、カラオケに嫌悪感があるではなく、特定の人(主に姉)とはたまに行ったりします。姉は私と同じくらい下手なので、「あぁ、私下手だなぁ……」という劣等感を抱くこともないというのがいいのかもしれない。でもこの「相手も下手だから」という理由はあんまりよくないですよね。本当なら、歌唱スキルがバラバラな子が集まっても大丈夫だよ的なテンションに持っていきたい、し、世の中の人はそこまで他人に対して歌唱力云々とかどうでもいいと思っている気がする。でも、割り切るのは歌下手側からするとどうしてなかなか難しいんですよね。泣きたくなるのは「歌下手だよ〜」と言っておきながら普通に上手い人。どうしてそんなこと言うん……?

そんな感じで、状況別に2曲ずつ選ぶと

点数出したいとき 『君という花』(ASIAN KUNG-FU GENERATION 『Raspberry』(TRICERATOPS
メジャーどころにしたほうがよさそうなとき 『invitation』(柴崎コウ 『Oh Yeah!』(嵐)
アニメ界隈のとき innocent starter』(水樹奈々 『ギャラクシー☆ばばんがBang!』(エンジェル隊
アイドル歌える空気のとき 『好きな先輩』(モーニング娘。 『そして寝る間もなくソリチュード(SNS)』(Tomato n' Pine)
女性Voな気分のとき 『カクテル』(Hysteric Blue 『樹海の糸』(Cocco
男性Voな気分のとき 『SUN』(GRAPEVINE 『生きているよりマシさ』(syrup16g
アイドルネッサンス 『空にまいあがれ』(真心ブラザーズ 『Lucky』(スーパーカー

思ったより数あった。でもこれ、決して十八番ではないのよね……(´・ω・`)